蒲鉾家

2011年7月26日(火)

蒲鉾丹右衛門の夕遊び

この頃、日曜日の3時ごろになるとそわそわしてどこかに出掛ける。

先週もそうだった。

夕食を作っている頃に「ただいま~♪」って何匹かのキスを片手に帰ってくる(^^;)

これがちっちゃい小指くらいのから親指くらいまで・・・。

今年に入ってからの初釣りのキスだし、ぺティナイフでちっちゃなキスをてんぷらに

したのが先週の話。今回は普通の大きさのが1っぴき、残りは開くのもめんどいって感じ。

なので、全部頭を取って、塩振って、小麦粉まぶして揚げました。

冷蔵庫に紫蘇があったので、オリーブオイルと塩、レモンが無いので柚子の絞り汁、

なぜか常備のパルミジアーノとにんにくをすりつぶして紫蘇ソースをあしらえばそれなりに・・・(^^)

富山県生まれでもない、富山育ちでもない蒲鉾丹右衛門がこんなにも魚津をエンジョイし、

富山がこんなに素晴らしいところだ!!と宣伝してくれている彼には、地元の私たちにとって

頭が下がる思いです(^^;)ありがとう♪

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ

2011年7月25日(月)

大人の桃のタルト

久しぶりのお菓子づくり♪

桃の美味しい季節、タルトにしてみました(^0^)

暑い夏にパート・シュクレを焼くのはつらいのですが、グランマルニエをたっぷり入れた

カスタードクリームと桃を敷き詰めて、冷た~く冷やせば大人のデザート!

・・・大人のデザートだけど、蒲鉾太郎の大好物。

どうも、アルコール分解酵素はあるようだ(^^)

蒲鉾娘がいると、洋酒をたっぷり入れられないので、娘の居ぬ間にアダルトなお菓子

作りが出来たわけです(^^;)

2011.7.24桃のタルト.jpg

 

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ

2011年7月11日(月)

蒲鉾娘と太巻寿司を作る

サマースクールの準備も整い、後は日本料理を教えてくれというので、

巻寿司はどうか?と提案した。

食材もすべて現地で整うと聞いたので、さっそく作ってみた。

干し椎茸とかんぴょうをそれぞれ甘辛く煮て、厚焼き玉子を作り、

冷蔵庫にきゅうりがあったので、きゅうりを細く切って、

でんぶは白身の魚で作った方が美味しいが、そこまでは無理かな?と

思い、桜でんぶで妥協。

寿司飯は水を少なめに炊いて、合わせ酢を回しかけ、団扇であおぎながら

しゃもじで切るように手早く!

さあ巻いてみよう!

器用な手つきで簀巻きを手前に引いて、上手に巻いて、これは完璧!

あとは切れる包丁で8等分に切るだけだよ。

これもクリア!

そのまま夕食のお膳に出したら、あっという間に食べられて、写真を撮るのを

忘れた(^^;)残念!

 

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ

2011年7月 9日(土)

サマースクールの準備

蒲鉾娘がサマースクールで米国に行くことになった。

今日はその壮行会ということで、学校へ。

ホストファミリーも全員決まり、子供達はワクワクドキドキという感じ。

家族構成を確認してからお土産を準備しようと思っていたので、部活に行く娘と

別行動で富山の中央通、総曲輪をぶらり。

若かりし頃よく行った中央通も総曲輪もかなり変わってしまって、ちょっとさみしい

気持ちになった。

とはいえ、昔からある熨斗屋さん和紙屋さんで、折り紙やお香をゲット。

あとは魚津帰って河内屋で白海老せんべいと最中のお吸い物を買おう!

 

 

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ

2011年7月 8日(金)

虫歯が・・・

蒲鉾太郎の矯正中の歯に8個の虫歯が・・・。

歯科医の義弟もびっくり(^^;)

高校生にもなって歯磨きチェックなんてさせてくれないし、自分でやってもらうしかない。

蒲鉾娘は歯並びがいいのに、蒲鉾太郎はなぜ・・・。

思い返せば、体が弱く、柔らかいものばかり食べていたかも。

それをよそに蒲鉾娘は2歳くらいからめざしを頭からくわえていたな~。

やっぱり噛むことって大事!

孫が出来たらおやつはスルメにめざし、それと蒲鉾!(^^)

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ

2008年11月21日(金)

感動の合唱コンクール

秋の最大イベントの学校行事、合唱コンクールがありました。

今日まで蒲鉾ジュニアも蒲鉾娘も一生懸命練習してきた姿を見てきたので、

舞台で楽しそうに歌う子供たちの表情に感極まってしまいました。

蒲鉾娘にとっては初めての合唱コンクール、蒲鉾ジュニアにとっては中学生最後の

合唱コンクール、それぞれの想いが伝わってくる感動的な一日でした(^^)

結果は蒲鉾ジュニアは最優秀賞、蒲鉾娘は優秀賞。

おめでとう!

結果も嬉しいだろうけど、それまでの過程で培った仲間との友情が彼らにとっては

最高のトロフィーのようです。そんな経験をしてくれたことが母はうれしいな♪

| トラックバック (0) | 投稿者:蒲鉾女将
ページトップへ